ウクライナ情勢が急展開しています。
ロシア軍はウクライナ共和国内の自治共和国を3月2日までにほぼ掌握したとのことですね。
今後のカギを握るのはウクライナの親ロシア勢力と言われています。
もともとクリミアにはロシア系の人口が6割近くを占めており、新ロシア派が多いようです。
なぜ、今軍事介入なのかは旧ソビエト連邦のことからひも解いて行くのが良いでしょう。
しばらくこの話題が続くと思いますが、これから水道修理があるため、しばらく中座します。
あしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です